おじさん少年の記

疲れた時代に、癒やしの言葉を。創作物語(「ざんねんマンと行く」=各話読み切り)など、書いていきます。からだはおじさん、こころは少年。

【サラリーマンの英検1級攻略術】~25・自作短編を英語にしてみる

「英検対策」の文字がちらつくと、どこかストレスがたまるものだ。

 

遊びも含めて英語と付き合うことができれば、学習も楽しくなる。

 

暇つぶしに自作の短編を英訳してみる。

 

~以下、短編「ざんねんマンと行く」第1話~

 

世の中にはたくさんのスーパーヒーローがいるもんですなあ。
 There are quite a lot of SUPER HEROes on this world.

やれスーパーマンバットマンウルトラマン

Say, SUPER MAN. BAT MAN. ULTRA MAN.  

 

みんな最強、みんなイケメン。で、モテる。

All of them are super-powerful. Super-musculine. Plus, super-handsome.


まったく、叶わんですよ。

Nah. 


悔しいもんです。

Such perfect guys make us feel small.

私はねぇ、思うんですよ。

Nowadays, I often imagine.

ちょいと違った主人公がいてもいいんじゃないか。ってね。

There could be a bit different type of HEROes.


例えば
Such as


「ざんねんマン」

Zan-nen-man(dissapointing man)


夏の浜辺で小学生が波にさらわれた。

In the hot summer, along the beach.
There was some young boy taken away off the shore, by the current.



「誰か~!」

Anybody~~~

周囲の叫びを耳にした自称正義の味方、ざぶーんと波間に飛び込んだ。

Hearing people's shout,  zan-nen-man appeared from nowhere , quickly puttting on his hand-made suit and jumped into the water.

 

浜辺から歓声が上がる。おじさん、頑張れ!少年を無事に助けておくれ~!

All the people on the beach begins cheering up the hero, saying "Save the boy please!"


助けてくれるかと思いきや、ざんねんマン、実はかなづち(泳げない人)だった。

But their sincere hope turned into disappointment. He was in fact, Kana-zuchi(person who is not good at swimming).

おぼれかかるざんねんマン。

Now the hero was in desparate need of help. oh my gosh.

 

その刹那。何かが変わった。

At that moment. Something changed.

 

それを見ていた少年は、体の奥に眠っていた力を呼び起こされたか、意を決して水をかぎだした。

Looking at the poor hero, the young boy , floating on the surface, began to swim to the hero.With all the power he had. 

 

「おじちゃん、がんばれ!あきらめるな!」

Sir! I will be there soon! No worries!

最初はおびえた表情で波間を漂っていた少年も、
今や頼もしい青年の表情を見せている。

That boy, whose face was filled with fear at first, now turned into a guy with strong will.

 

僕がおじちゃんを助けるんだ。

i must save him(zannen-man).

 

ざんねんマンの肩をむんずとつかむと、
砂浜に向かって一心不乱に泳ぎだした。
Swimming desperately, looking not so good, approached zannnen-man.

Grabbing his arm, the boy began to swim to the shore.

 

その目は、ハリウッド映画のヒーローとまさに同じ力強さを放っていた。

His eyes were exactly the ones which superheroes show on hollywood movies.  


泳ぎ着いたころ、浜辺は救出劇に胸打たれた人たちの温かな拍手であふれていた。
When they finally reached the beach, the two found so many audience giving warm applauce.  

今や、ヒーローは人助けをした少年だ。

Now the hero is the boy.


ざんねんマン、見せるところなし。ぐっしょり濡れた手作りスーツを引きずりながら、

「今日も人助けができなかった、、」とうなだれ家路につくのであった。

  "What a miserable man I am!  I couldn't do any job.   I only caused trouble."

Saying thank you to the wonderful boy, zan-nen-man left the beach, broken-hearted.  


だが、ざんねんマンは確かに仕事をした。

But yes, zannen-man DID his job.

 

1人の少年を、頼もしい立派な青年へと脱皮する手助けをしたのだ。

 Instead of showing  breathtaking performance, he  helped the boy go up the lifestage to be a reliable adult. 


自分が主人公にならずとも、出逢う誰かを引き立て、世の中の役に立つ人物に変身させるのだ。
こんな形のスーパーヒーローがいても、いいんじゃないだろうか。

There could be such a kind of hero, who is not necessarily outstanding, only serve as a catalyst for someone to grow up as a person.



猛者がひしめくヒーロー業界は、こんな小粒がいても問題はあるまい。

The HERO world will be huge enough to allow such a small-scale character.

 

~お読みくださり、ありがとうございました~